ホーム / ガン / 免疫力を上げるチャンスをみすみす失うことになるのです

免疫力を上げるチャンスをみすみす失うことになるのです

ガン物質ニトロソアミンを生成アメリカではベビーフードへの使用禁止

病気を見逃すおそれもあります
食品の名前はANM-76というもので、フェルラ酸(米ぬかなどに含まれる抗酸化作用のある活性物質)とガーデンアンゼリカ(酉洋トウキ)の配合物でこの食品を、アリセプトが効かなかったアルツハイマー型認知症の患者さんに臨床試験をしてほしいというので、私は驚きました。効果が出るはずがないと思ったのです。しかし、そこに集まった9名の医師は日本の認知症専門医のトップばかりだったので、私は4名の臨床試験を引き受けました。9カ月後に治験が終了し結果は統括医師がまとめましたが、「悪化抑制率が有位に高い」というものでした。なかでも3人の知能検査の改善が確認できた私は、ひそかに「これはすごい」と驚嘆していました。

校長から「いっしょにやれるのはおまえしかいない」と励まされ、3年間学年を組みました。その教師とは鋭く意見が対立することもありましたが教育に情熱があるという点では接点があったので、なんとか続けられました。それでも、学校に行くのがつらいと思う日が多くなり、自宅で吐き気をもよおすこともありました。その頃と前後して、ひとり暮らしの80歳を過ぎた母親が入退院を繰り返していました。小夜子さんは毎週土曜日は授業が終わると実家へ。

病気をコントロールするためこのケースの亜紀さんは

日曜日は再び自宅に戻ると、子ども会の役員の仕事で週末もフル回転。たまったストレスはうまく解消されないまま、かなり限界まできていて、A先生の件は最後のだめ押しのようなもの「自分と直面する機会を与えてもらった」小夜子さんは思います。若いときには大変なことはあっても、家に帰って壁に向かって大声で叫んで、涙を流せば、翌日はまた元気で出勤できたのに、なぜ今はそれができないの。更年期になると気力、体力の衰え、長年の疲労の蓄積でストレスへの抵抗力も弱くなっているのを実感せざるをえません。3か月間の病気欠勤が終わる頃、このまま小夜子さんを学校に戻したのでは症状がぶり返す、と後山医師は判断したのでしょう。「しばらく休みなさい。

ケアのプロをコンシェルジェ相談係として置き


病気によって自我の壁がもろくなり共和病院まで東北から車を飛ばして母親を連れてきた息子さんがいました。4日間、眠らずに大声を出し続けているというので、せん妄を消すために抑肝散を処方し、地元での入院を勧めて帰しました。1週間後に電話をすると、ぐっすり眠って正気に返ったので、入院は必要ないと言われたそうです。漢方は、ときに絶大な効果を発揮します。NM-76とドクターコウノとの2006年に、私はある健康食品の研究会に参加しました。

薬は空腹時に飲むなどしましょう

食品の名前はANM-76というもので、フェルラ酸(米ぬかなどに含まれる抗酸化作用のある活性物質)とガーデンアンゼリカ(酉洋トウキ)の配合物でこの食品を、アリセプトが効かなかったアルツハイマー型認知症の患者さんに臨床試験をしてほしいというので、私は驚きました。効果が出るはずがないと思ったのです。しかし、そこに集まった9名の医師は日本の認知症専門医のトップばかりだったので、私は4名の臨床試験を引き受けました。9カ月後に治験が終了し結果は統括医師がまとめましたが、「悪化抑制率が有位に高い」というものでした。なかでも3人の知能検査の改善が確認できた私は、ひそかに「これはすごい」と驚嘆していました。

病気を発症することは間違いありませんしゅ私が食歴を患者さんたちに聞くようになったのは


薬物療法を行う自己免疫疾患の治療には
お願いしますといわれれば、肛門に内視鏡を入れる前に大腸内視鏡で子宮を診てあげるのです。膣の中に五八センチほど挿入し子宮を診ても診なくても検査時間は1分も変わりません。でも、患者さんにとってみれば、産婦人科に行ってスペクトルムを入れて検査を受ける必要がなくなるので、とても喜んでいただいています私の専門は胃腸ですが、このように子宮の検査もすれば、前立腺の検査も乳ガンの検査もします。そしてこうした検査内容は、患者さんに喜んでいただきながら、私自身にとっても、医師としてとてもよい学びになっているのです。より「十年後の健康」私はさまざまな病気の検査をさせていただくことで、いろいろなことを学びましたたとえば、乳ガンの検査でも、その人の食歴を聞くと、食と病気の因果関係が見えてきます。

抗がん剤や放射線治療など

乳ガンになる人は、コーヒーが好きで、牛乳、チーズ、ヨーグルトといった乳製品をひんぱんにとり、肉食をしていることがわかりました。そして、このような食事をしている人の多くには、乳ガンを発病していなくてもオッパイの感触がゴリゴリとする「乳腺症」の症状が出ていることもわかりました。つまり、コーヒー、乳製品、肉食という組み合わせが乳腺症を招き、そのまま食生活を改善しないでいると、乳ガンを発病する可能性が高くなるということがわかったのです。ですからそれ以後は、乳腺症の人には必ず、食生活の改善を指導しています。乳腺症のある人に、「あなたはコーヒーと乳製品とお肉が好きでしょ?」と聞くと、「なんでわかるのですか」と、みんな目を丸くして驚きます。

著者について: